<アクセス解析タグ ここから-->

スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

パチンコメーカーからの販促グッズについて②

カテゴリー: 日記

前回の販促グッズの問題点は

① パチンコメーカー(業界)は、右へナラエが多い
② 機械価格の上昇の一途をたどっている
③ 顧客(ホール)への1to1サービスが出来ていない

① とにかく『物真似』が多いです。パチンコの演出・機械の売り方・販促ツールなどなど。
『なぜ、やっているのか』を突き詰めていかないと、常識をくつがえせないのでは?

② ツールの作成にも莫大な経費が掛かっているはずです。すべては、機械価格に勝手に上乗せされ、利益をとろうとホールが必死になり、結果的に遊技するお客様に負担が行ってしまうのです。無駄なサービスならばやめてしまえばいいのに。営業マンは機械を売るのに必死なんですね。

③ パチンコの機械価格は約30万円です。10台購入したら300万円です。これだけの高額な取引なのですから、きめ細やかな対応をして欲しいものです。毎回無駄なツールを大量におくってくるなんて普通に考えるとおかしいのです。

以上、パチンコホールを棚にあげて書かせていただきました。
スポンサーサイト
Thu 2008 | トラックバック(-) | comment(1)

パチンコメーカーからの販促グッズについて①

カテゴリー: 日記

大手のパチンコメーカーから、遊技台を購入すると

・ 等身大パネル
・ 札が数種類
・ ポスター
・ 椅子カバー
・ のぼり

などがついてきます。

これはメーカーがホールの支援の為に導入ホールに無償で提供しているものです。
導入されて数ヶ月経ってから、まだ設置してある店舗に送られる販促グッズなどもあり、
ホールの支援をし長く機械をつかってもらうことによって、次回の販売に生かす戦略だと思われます。

しかし、私はこの販促グッズについて疑問を抱いています。まず、【環境保護】の観点からみると、あきらかに無駄なツールを作成しています。資源の無駄です。これらのツールをホールが受け取ったとしても、半分くらいのホールは自店で作成し、ツールはすべて捨てているはずです。遊技台も他のお店と一緒、ツールも他のお店と一緒では他店と差別化ができないからです。しかし、そんなことメーカーは関係なく送ってきます。必要なお店に必要なツールをおくってはどうでしょうか。

また、ポスターはどのお店でもポスター枠のサイズが違っており、いままでメーカーからのポスターをはめこんだことがありません。そんなお店も多いのではないでしょうか。

最近ブームなのか、メーカーの力を入れている機種には、『椅子カバー』ツールを必ずつけてきます。椅子カバーは店内でここぞというときにアピールするためのツールですので、各機種ごとにつけたのでは意味がありません。これも、新品のまま一度も使わず捨てているお店が多いのではないでしょうか。
Wed 2008 | トラックバック(-) | comment(1)

接客の合格ライン

カテゴリー: 日記

接客はとても評価しにくいものです。

どこを基準に出来ている、出来ていないを評価するのかがあいまいだと
スタッフのモチベーションに関わってきます。

そこで、その基準を朝礼なり終礼で話あうのです。
上からの押し付けでは人は動きません。
自分たちで、作り上げていくからこそ面白いのです。

間違っててもチャレンジし、失敗したり、違っていたら
すぐに方向転換することが重要なだけです。

なんでも言い合い、チャレンジしていける風土が大切です。
Sun 2008 | トラックバック(-) | comment(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。